お知らせ

障害児保育セミナーのお知らせ

2017年障害児保育セミナー

期日:2017年12月10日(日)

会場:栃木県総合教育センター(宇都宮市瓦谷町1070)

内容:

講演①「子どもたちが楽しく保育活動に参加できるためのヒント」10:00~

元栃木県発達障害者支援センター 臨床心理士 秋場美智子先生

講演②「発達障害の診断と治療についての医学的基礎知識」11:00~

とちぎリハビリテーションセンター 小児科 小黒範子先生

講演③「子どもの成長とこころの拠り所~子どもの育ちを支え、見守る視点~」13:00~

大正大学 名誉教授・客員教授

日本心理研修センター理事長

村瀬嘉代子先生

詳しくは、2017障害児保育セミナー要項をご覧ください。


虐待予防に関する講演会の案内

●日時:平成29年10月15日(日)午前10時~12時(受付:9時15分~)
●内容:講演「妊娠期から学童期の虐待予防」
講師 乳幼児精神保健学会 副会長
澤 田  敬  先生
●場所:国際医療福祉大学 0―101教室

●参加費:1,000円(当日受付で集めます)
●定  員:400名

詳しくは、こちらの案内をご覧ください。


性暴力について考えるシンポジウム のご案内

開催日時:平成28年7月9日(土) 13:30~16:30

場所:パルティホール

プログラム

①基調講演  未来への道を築く~性暴力の影響と必要なサポート~

②パネルディスカッション  性暴力被害者支援に必要なこと

主催:栃木県 共催:栃木県済生会宇都宮病院

詳しくは、性暴力について考えるシンポジウム(チラシ)をご覧の上お申し込み下さい。


子どもの心の相談支援体制強化事業・自殺対策事業 支援機関職員等研修会のご案内

1 日 時  平成28年7月15日(金)15時00分~17時00分

2 場 所  矢板市文化会館大ホール(矢板市矢板103-1)

3 内 容  講演「なぜ自傷行為を繰り返すのか~青少年の自傷行為とその対応~」

講師 国立精神・神経医療研究センター 薬物依存研究部長 松本 俊彦 氏

1)自傷行為の意味と、支援者が心得ておくべき基本的な対応について学ぶ。

2)学校や地域の支援者として、自傷行為のある青少年にどう向き合うかを考える。

4 対象者  学校関係職員、行政・医療関係職員、地域民生委員児童委員、一般市民(900名程度)

5 参加申込 チラシ裏面により、6月30日(木)までにFAXにて県北健康福祉センターへお申し込みください。


日本カウンセリング学会栃木県支部会第7回公開セミナーのお知らせ

日本カウンセリング学会栃木県支部会では、公開セミナーを開催しますので、ご
参加ください。
参加費は、無料です。奮って、ご参加下さい。

日本カウンセリング学会HPの研修会にちらし第7回公開セミナーチラシが掲載されているので、ご覧下さい。

少年非行の現状と対応~早期対応と未然防止対策について~

日 時    平成27年10月 4日 (日)   10:00~16:00(受付9:30)
会 場    とちぎ青少年センター  ℡ 028(624)2203
栃木県宇都宮市駒生1-1-6
内 容
実践報告(10:00~12:00)
コメンテーター 押切 久遠 氏(法務省保護局観察課処遇企画官)
実践報告者
自立援助ホーム・ホーム長の立場から  星 俊彦 氏(認定NPO法人青
少年の自立を支える会・理事長)
法務技官の立場から  佐藤 清 氏(黒羽刑務所 )
保護司の立場から   馬場 友治 氏
基調講演・演習(13:00~16:00)  押切久遠 氏
非行予防教育の実践(非行予防エクササイズ)
定 員   80名(定員になり次第締め切ります)
参加費  無料(事前申し込みが必要です)
申込方法 Eメール:co-tochigi@sound.ocn.ne.jp またはFAX 028- 649-1213でお申し込み下さい
締め切り9月30日までに

下記の項目を記載して下さい。
1)参加者名 2)勤務先又は所属 3)住所・電話番号・FAX番号(返信用)
4)参加種別 ①日本カウンセリング学会 ②日本学校教育相談学会 ③一般


日本カウンセリング学会栃木県支部会第6回公開セミナーのお知らせ

テーマ「青年期・成人期の発達障害―進学と就労をどうするか」 
日 時 平成26年10月 26日 (日)   10:00~16:00(受付9:30)
会 場 とちぎ青少年センター  ℡ 028(624)2203
    栃木県宇都宮市駒生1-1-6
講師  高橋 知音(信州大学教育学部教授)
     定員 70 名(定員になり次第締め切ります)
     参加費  無料(事前申し込みが必要です)
     内容   講演 

 詳しくは、こちら2014公開セミナーをご参照ください。


第23回障害児保育セミナーのお知らせ

期日:2013年12月1日(日)

会場:とちぎ男女共同参画センターパルティ

内容:障害児保育においては、発達特性を見極めたうえで援助を行うことが重要となります。今回のセミナーでは、早期発見・早期療育の視点からの発達支援の課題について、また発達の基本となる母子関係のあり方についての講演から、これからの援助のあり方を学びます。

9:15

受 付

10:00
~12:00
早期発見・早期療育の視点からの発達障害児への発達支援国立国際医療研究センター 国府台病院

児童精神科 宇佐美 政英 先生

13:00~15:00

 

乳幼児期における母子関係への保育支援慶應義塾大学医学部小児科教室

講師 渡辺 久子 先生

 

対  象:幼稚園・保育園・通園施設・学校等の先生及び保健・福祉関係者など

定  員:250名

申込み方法等、詳しくは23回要項をご覧下さい。

 

 


東日本大震災支援講座のおしらせ

7月13日(土)に、栃木県より委託をうけ東日本大震災支援講座を開催いたします。

テーマは、 「悲嘆の反応とそのケア」です。詳しくは、東日本大震災支援講座チラシをご覧になり、お申し込み下さい。たくさんのご参加をお待ちいたしております。

 


新人学校臨床心理士研修会

「平成25年度 新人学校臨床心理士研修会」のご案内
春爛漫の頃、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、標記の研修会を下記により開催いたします。今回は、新人オリエンテーションとして行いますので
スクールカウンセラー経験が3年未満の方は、ご出席ください。
私たちが学校の先生方と共に子どもの心身の健やかな成長に携われるよう、さらに専門性を高めていきましょう。
日時:平成25年5月12日(日) 10:00~12:00
場所:作新学院大学 中央研究棟 第一会議室
*場所は清原工業団地近くですので、お間違えないようお願いします。
内容:
10:00 開会(9:30~受付開始)
10:05 SC活用事業について~昨年度実績と新年度状況~
      危機支援、栃木県スクールカウンセリングガイドラインについて、等
                          伊達悦子、渡辺文子
      臨床現場としての学校ーSCに期待されるものー 大瀧伸一
参加費:会員無料/非会員500円(当日、受付でお支払いください)
申込先:栃木県臨床心理士会事務局

研修のご案内

「日本プレイセラピー協会主催 災害後の未就学児の心理的サポート~遊びを通した心のケアを学ぶ~」
日程:2013年3月24日(日)10:00~17:00 
参加条件:心理、医療、看護、保育、教育などの領域の専門家で、未就学児の心理ケアに
       関心がある方。特にプレイセラピーの知識/実践経験の有無は問いません。
定員:50名    
参加費:8,000円
会場:東京・南青山の会場を予定(参加者にお知らせいたします)
講師:日本プレイセラピー協会講師

 

詳しくは2013年3月24日研修会チラシ2をご覧下さい。